しばられない生き方 〜Reborn myself〜

四十路にして惑いまくりの中、自分の人生は自分で舵取りすることに四苦八苦することをつづっています。趣味のバイクや木工も書いています。

純正部品の検索

 

こんばんは。カズです。

バイクをレストアするにあたり、純正部品を買う必要は必ず生じますが、品番が分からなければ買うことができません。

 

一般的にはメーカーから発行された車種別・型式別・年式別のパーツリストを参照しますが、パーツリストを購入するにも新品で五千円以上するため、ヤフオクなりフリマなりで入手するようにしています。

 

それでも、手を入れるバイク全てのパーツリストを手に入れるのも困難なので、最近はウェブを利用しています。

良く利用するのはWebikeの純正部品の通販サービス。

送料は発生しますが、ポイントが付与されるので実質送料ゼロで購入することが可能です。www.webike.net

 

メインバイクのXR250(ME06)は逆輸入なので、Webikeにリンクが貼られている「USモデルディーラーサイト」はとても重宝しています。

www.ronayers.com

 

ただしカブはUSで取り扱っていないのか、こちらのサイトでは情報収集することができませんでした。

 

ネットサーフィンして色々と探してみましたが中々見つからず、苦労してようやく見つけたのが下記サイト。

www.megazip.net

 

コチラも海外サイトなので基本的には輸出仕様になりますが、海外も国内も同じと思われる部品であれば十分活用できるサイトです。

 

ちなみに今回探していたのは、カブのセンタースタンドを貫通するシャフトの品番。

入手した時からリアブレーキは引きずっていてセンタースタンドを掛けようにも重たくて苦労していたので、レストアするにあたってグリスアップしようと思っていました。

この週末にリア回りをばらしたのですが(詳しくは追って記事にします)、センタースタンドとリアブレーキペダルを貫通するシャフトが固着していて抜けなかったのです。

 

潤滑剤を浴びるように塗布して土曜の夜から一晩置き、今日ハンマーでガンガン叩いてようやく抜けたのですが、叩きすぎたせいでシャフトの先端がつぶれてしまい、ブレーキペダルが残ったままの状態で再利用が難しい状態です。

 

↓センタースタンドを外そうにも、シャフトが固着して外せない状態

f:id:New_Kazu:20180923213754j:plain

 

↓潤滑油を掛けまくって一晩置き、ハンマーでガンガン叩いてようやく抜けました💦

f:id:New_Kazu:20180923213908j:plain

 

 ↓シャフトは抜けたものの、今度は貫通しているブレーキペダルが抜けません

f:id:New_Kazu:20180923214810j:plain

 

↓よく見るとシャフトの先端がつぶれてしまっています

f:id:New_Kazu:20180923214835j:plain

 

まずはヤフオクで探してみたものの、シャフト単体で出品されているものはどれも同じような状態で、とても金を出してまで買うようなものではありませんでした。

 

また品番検索のネットサーフィンの過程で、このシャフトの固着はカブの持病らしく、整備不良のカブは漏れなく問題になっているようです。センタースタンドをサンダーで切っている人もいるくらいでしたから、抜けただけ良かったのかもしれません。

 

で、上のサイトでようやく海外仕向のカブ90のパーツリストが見つかりました。センタースタンドを貫通するシャフトが仕向ごとに違うように思えなかったし、パーツリストに描かれている絵も実物に近いようです。

f:id:New_Kazu:20180923215352j:plain

 

念のため品番(50512-GB4-680)をモノタロウで検索したところ、見事ありました!純正部品で価格710円。

この週末に1万円以上を利用させてもらったので、送料は無料。ラッキーです。

 

ブレーキペダルについては、シャフトの反対側を切り落として抜くことも考えましたが、ヤフオクで安くあったのでそれを買うことにします。

 

ということで、純正部品の入手方法のおさらいです。

  1. まずは純正部品の価格調査。RONAYERS.comやMegazipで品番を調べ、Webikeの純正部品見積で価格を確認。
  2. ヤフオクに出品されているか確認。出品&即決価格・送料・ものの程度・納期などを考えて購入を判断。
  3. Amazonモノタロウなどの大手サイトや、カブに強いサイト(カスタムジャパンナナカンパニーなど)で入手可能か確認。新品価格で基本的に送料は掛かるが(購入金額による)、ヤフオクにない、または金額や納期が見合わない場合は利用。
  4. Webikeの純正部品通販サービスを利用。送料は掛かるが、まとめて購入できるのと、前述の手段で手に入らない場合は利用。
  5. フリマを活用。高額部品で、ヤフオクにもない場合は、イチかバチかでフリマで探しまくる。現物合わせができるため、代替品が見つかることもある。

 

以前はバイク屋さんに行って、パーツリストを借りてその場で注文していたものですが、忙しい身になるとお店に二度足を運ぶことや、行くと雑談等で意外に時間が掛かることなどがあって、あまり良い選択肢ではないのに対し、ネットで買えるのはとても助かります。

一方で、バイク屋さんにお金が落ちないのは、かつてその業界で働いていた立場としては複雑な心境でもありますが…。

スーパーカブHA02 カスタムのポイント

こんばんは。カズです。

前回は不動のカブHA02のキャブを清掃してエンジンが掛かるようにしたところまでを書きました。

 

new-kazu.hatenablog.com

 

さて、ここからはカスタムです。

今までも色んなバイクに乗ったりいじったりしましたが、やはりオリジナルのデザインやコンセプトを尊重した上でのカスタムがかっこいいと思います。特に年齢を重ねていくと、あまり突飛なデザインは、それは個性というかもしれませんが、見ていて恥ずかしく思うようになってきました。

家族持ちのサラリーマンですから、掛けられるコストも限られます。追々どうなるかは別にして、動き出すまでの初期投資はなるべく抑えたいので、手持ちの部品在庫・オークション・フリーマーケットを駆使して、部品を安く調達しようと思います。

最後に、原動機や吸排気には手を出さないようにします(基本ノーマル)。目的はあくまで普段の下駄バイク。なのでパワーよりも安定性を重視します。季節や天候でジェッティングするのは面倒なので、吸排気系はもちろん、ボアアップやカム変更などはやりません。

 

以上より、HA02カスタムのポイントを整理します。

  • オリジナルのデザインを残す(ただしカクカクデザインは無くす)

  • 中古部品を駆使して安く抑える

  • 原動機や吸排気はノーマルのまま

 

さて、以上のポイントから現状を見て、「絶対に交換が必要な部品」「しなくても良いができれば交換したい部品」「余裕があれば交換したい部品」に分けて書き出してみました。

初めての手を出すジャンルのバイクなので、まずは掛かるコストを見積もってから買うか買わないかを判断ようと、ネットショッピングで確認した値段をメモっておきます。

 

①【絶対に交換が必要な部品】…安全上交換が必要

  • 前後タイヤ  2,000円x2本 ⁼ 4,000円
  • 前後チューブ  700円x2本 ⁼ 1,400円
  • レッグシールド(足元の白いカバー)  2,000円
  • シート  5,000~10,000円
  • チェーン&スプロケット(前後)  5,000円
  • エアクリーナーエレメント  1,000円
  • 合計 18,400~23,400円

②【しなくても良いができれば交換したい部品】…ビジュアルカスタムの上で必要

  • ヘッドライト&ウィンカー 6,000円
  • ハンドル&メーター 15,000円
  • テール回り  2,000円
  • リアサス  10,000円
  • リアキャリア  5,000円
  • 合計 38,000円

③【余裕があれば交換したい部品】…手間を掛けてサビを落とすかお金で解決するか

  • チェーンカバー(フルカバーでなシンプルなもの) 5,000円
  • ホイール(前後)(中古)  10,000円
  • マフラー(ノーマル)(リプロ品)  5,000円
  • 合計 20,000円

 

①と②で約6万円、③を加えると約8万円。

とりあえず①と②は購入し、③についてはサビ具合を詳しく見てから判断したいと思います。

さっそく部品の調達を始めますが、近いうちに近所のイベント会場でフリーマーケットがあるので、上記の値段を参考にして安く買えるようであれば利用して、残りをネットショッピングを活用したいと思います。

次の記事では、実際に部品を選んで購入したことついて書いていきます。

 

スーパーカブHA02 キャブ清掃

こんばんは。カズです。

入手したオンボロカブがHA02という型式で、諸元等で素性が分かってきたところまで書きました。

 

new-kazu.hatenablog.com

 

 

いろいろとイヂリ出す前に、まずはエンジンを掛けるためにキャブの掃除をします。

はじめてのカブですがサービスマニュアルなど持っていないので、手探りで解体していきます。

レッグシールド ⇒ エアクリーナーボックス ⇒ スロットルケーブル ⇒ キャブ本体 と解体を進めていきます。このあたりはバイクであれば同じような手順で大体問題なくバラます。

キャブを開けてみると、案の定フロート室は腐ったガソリンがヘドロ状にこびりついています。

以前はワイヤーブラシとキャブクリーナーを併用してゴシゴシやったものですが、今は強い味方「サンエス K1」でじっくりしっかり落とすことにしています。

 

サンエス化学工業 K-1 500g マフラーの詰まり・カーボン洗浄剤 8525
 

 エンジンのヘッド回りのカーボンを落とす時に大活躍したのですが、キャブの洗浄にも有効であることは経験済み。

熱湯にこれを適量溶かして一晩漬けておくだけで、こびり付いたしつこいヘドロ状のガソリンがビックリするくらいきれいに取れます。

f:id:New_Kazu:20180912235347j:plain

ちなみに単気筒エンジン2台のシリンダヘッドを洗浄するのに使って、まだ半分以上残っていますから、お財布にもやさしいです。

また環境にもやさしくそのまま排水として処理できるし、手についてもニオイやヌメリが残ることはありません。アブラ汚れがひどい服でも漬け置きするだけでかなりきれいになります。

 

キャブは2回(二晩)ほど漬けておいたらきれいになりました。残念ながら写真を撮り忘れてしまいましたが・・・。

 

逆の手順で組み付けてエンジンに火を入れます。

バッテリーは死んでいるのでキックで掛けます。3回くらいのキックで元気よくエンジンが掛かりました。

はじめは白煙がすごかったですが、数分アイドリングしたら煙もなくなり、アイドリングも安定しました。

エンジンが掛かったことだし、本腰を入れて修理&カスタムを進めていきます。

 

イメージとそれに合った部品集めを始めますが、そのあたりは次回の記事で書いていきます。

スーパーカブ分析

こんばんは。カズです。

前回の記事では、オンボロカブを入手したところまで書きました。

 

new-kazu.hatenablog.com

 

とにもかくにも、このオンボロの素性が分からないことには部品を手に入れるにしても困るということで、さっそくググってみました。

f:id:New_Kazu:20180912000914j:plain

利用させて頂いたのはこちらのサイト ⇒ カスタムジャパン

バイクパーツ適合検索 | カスタムジャパンの仕入総合WEBカタログ┃カスタムジャパンの仕入・通販カタログ

 

はじめて利用するサイトですが、カブやモンキーなどの小排気量に強いショップさんのようです。

取り扱いされている部品も、純正部品の廉価品だったりマニアックなカスタムパーツだったりと、この先カブを保有していくのであれば付き合いが長くなりそうです。

 

諸元によれば、このカブは「スーパーカブ90 スーパーカスタム」というのが正式名称で、型式はHA02。ヤフオクでHA02で検索したら、確かにこのカブの部品がたくさん出てきました。

1995年製ということは23歳。私がハタチそこそこの時に作られたんですね。あの頃は迷いまくりダラけまくりの日々を送っていました。タイムトラベルできるなら飛んでいって叱ってやりたい・・・。と思うと、なんだか甘酸っぱい香りがしてきました。

 

続けてメーカーのプレスリリースを検索。

ホンダは歴代車両のプレス情報をHPに公開しています。

「ホンダ スーパーカブ」シリーズの細部を変更し発売

f:id:New_Kazu:20180912003855j:plain

このオンボロ、当時のカブ兄弟の中で一番高額だったようです。

ちなみに2018年の60周年記念のカブ50の値段が243,000円。20年ちょっとで約10万円=6割の値上がりです。これが物価指数とどの程度の比例関係にあるのか興味を持ったので、すこし調べてみました。

タバコ、ガソリン、少年誌にみる価格の変遷 : 80年代後半~90年代前半を回顧するブログ

  • 少年ジャンプ 190円 ⇒ 260円 (136%)
  • タバコ(マイルドセブン) 220円 ⇒ 440円 (200%)
  • ガソリン(レギュラー) 115円 ⇒ 150円 (130%)

ん~。160%が妥当なのか否か。工業製品ですから技術的な進歩もあるでしょうし、こんなものかもしれません。

 

次にメーカーの諸元です。

f:id:New_Kazu:20180912003907j:plain

HA02は、フロントタイヤのサイズが一般のカブよりも若干太いようです。タイヤを選ぶときにうっかり細いタイヤを買わないように気を付けないといけません。

カブ50カスタムは4速なんですね。将来的にミッションを載せ替えられたら純正カスタムとして面白そうです。

 

さて、このオンボロをどう料理しようか。

まずはエンジンを掛けてみない事には始まらないので、キャブ掃除が第一優先。

次に外装。金属部品はことごとくサビているので、サビ撲滅作戦は確実にやりますが、どうやるかが問題。部品をぜーんぶ買っていったら、それこそヤフオクの相場クラスの金額にすぐに届きそうだし、それならそういった個体を買えば良い訳で。

あくまで普段の足として使うことが目的で、あんまり金は掛けたくない。つまり新品部品は極力買わず、サビは落として塗装などでごまかすのが出費も抑えられて見た目もボチボチの方法になるでしょう。なのでマフラーやホイールはこのやり方でいきたい。

 

ただ、このカクカクとしたデザインはどうにも好きになれない。私の中のカブは丸目のヘッドライトとウィンカー、そしてブレーキランプ。そのイメージに近づけるように少し外観のカスタムをしてみたいです。

 

次の記事から、修理しながらカスタムを進める様子を書いていきたいと思います。

スーパーカブ入手

こんばんは。カズです。

前回の記事では、20年以上のバイクライフではじめてスーパーカブに興味を持ったことを書きました。

 

new-kazu.hatenablog.com

 

さて、カブを入手するにあたっての条件を書き出してみました。

  • 50㏄ではなく70㏄以上が望ましい
  • できるだけ安い      以上

普段の下駄として使うのが目的だし、どんな個体であっても機能的に不具合が出ることがほとんどないというウワサですから、走行距離とか年式はあんまりこだわらないことにしました。

それよりも50ccであることで30㎞/hの制限が生じるのは避けたいし、そもそも交通の流れにのるのに50ccでは心もとないので、50ccの次に大きい排気量である70cc以上の排気量で狙いを定めました。

念のためヤフオクで確認したら、5万円が最低ラインのようです。それにしても中古部品の豊富なこと!ざっと見たところでは、ほとんどの部品が多数出品されているようです。それも安い!

ということはどんなにボロい個体であっても、ヤフオクで部品が揃えられるということ。部品の流通が豊富で安いということは、素材として重要な要素です。

 

そういえば、昔からのバイク仲間がカブに乗っていたのを思い出しました。数年前に話をしたときに、しばらく乗っていないと言っていたような。

連絡を取ってみると、ずいぶん前から軒下で放置してあって、もう乗らないから持っていって良いとのこと。ただし相当ボロで、スターターが調子悪いという話。

タダに越したことはないということで、ついでの用事もあって友人の住む函南まで引き上げにいきました。

 

現物を見たところ、確かにボロい・・・。錆がヒドいし、そもそも押して動かすことすらままならない状態。ブレーキが引きずっているようだ。

四苦八苦して軽ワンボックスに積んで、自宅ガレージで改めて写真を撮っておきました。しばらくは苦労しそうな感じ。

f:id:New_Kazu:20180910223020j:plain

f:id:New_Kazu:20180910225244j:plain

f:id:New_Kazu:20180910223008j:plain

f:id:New_Kazu:20180910223924j:plain

f:id:New_Kazu:20180910223855j:plain

f:id:New_Kazu:20180910223947j:plain

f:id:New_Kazu:20180910224038j:plain

 

スーパーカブについて

こんにちは。カズです。

19になる歳に自動二輪免許(中型車に限る)を取得してから、基本的に生活の中に欠かさずバイクのある人生を過ごしてきました(海外出向期間は除く)。

ですが仕事をしながら家族と過ごす時間を確保しようとすると、バイクライフにはさまざまな制約があります。例えば、

  1. バイクは好き。だけど時間がない
  2. バイクをいじりたい。だけど金がかかる
  3. バイクに乗りたい。だけどケガが怖い

など。特に2番・3番は排気量に比例してネガティブ要素が大きくなります。

例えばタイヤ。大排気量の一般的なサイズの場合、新品で買って交換工賃を入れると諭吉が5枚ほど飛んでいきます。

独身の頃はバイクが全てだったので、買ったタイヤが2か月もしないうちに減っても、すぐに新しく買うことにためらいがなかったのですが、今の生活ではありえない。

大排気量だと、スピードも出るし満足できる走りをしようとすると、当然事故やケガのリスクが増えます。

そんなこんなで、2016年にインドから帰国してから、バイクレスだった生活を取り戻すような勢いで立て続けにバイクを5台買ったものの、今年に入って2台手放しました。

そして残ったのは、ナンバー登録してある250㏄のオフロードと、競技車2台の合わせて3台になりました。競技車はナンバーがないので法定の維持費は掛からないし、当然任意保険もないので、基本的に維持費がかかるのは250cc1台だけ。お金が掛からないバイクライフになっています。

 

f:id:New_Kazu:20180909230244j:plain

でもこの250㏄。ベースがレーサーなので日常使いには勝手が悪いし、下駄として使うにはもったいないバイク。それに学生時代から数えて3台乗り継ぐほど思い入れのあるバイクなので、普段使いで消耗させたくないのです。

なので普段使いできるお手軽なのがもう一台欲しいなぁ、と思っていたところ、近所に住む学生時代の先輩がカブを手に入れて楽しそうにしているではありませんか。

 

f:id:New_Kazu:20180909231101j:plain

 

正直言えば、はじめは少しバカにしていたんです。でも改めて調べてみるとなんとも魅力的なディープな世界があるではありませんか。

1958年の初代から基本思想は変えず、1Lあたり100㎞も走る、どんな使い方をしても壊れることはほとんどない、仕事で使われることを前提に使い勝手をとことん追求している、などなど。

そんなカブに魅力を感じたユーザーは非常に多く、古い個体を完璧にレストアしている人から、排気量を極限まで上げて高速道路を走れるようにしていたり、原形をとどめないほど手を加えていたり。

とにかく個性がある。そして上に挙げた3つの制約は全てクリアできるはず。

  1. イクは好き。だけど時間がない ⇒ 日常的に買い物や通勤で使える
  2. バイクをいじりたい。だけど金がかかる ⇒ 維持費安い。中古部品豊富
  3. バイクに乗りたい。だけどケガが怖い ⇒ 速度が出ないから大ケガしにくい

3番は色んな見方があるしバイクである以上安全だとは言い切れませんが、大排気量バイクに比べれば安全であると言えると思います。

ということで、さっそくカブを入手する算段を立てることにしました。

続きは次の記事で書きます。

 

管理者研修で考えたこと その2

こんにちは。カズです。

前の記事では、「管理者研修に参加したら、これからのキャリアパスに絶望した」というところまで書きました。

 

new-kazu.hatenablog.com

 

さて、研修初日から酷くモチベーションを落とし、「このままではマズい、自分の人生に明るい希望が持てない・・・」と、思いながら宿泊部屋に戻りました。

というのも、研修センターには遠方からの参加者に対して宿泊施設が用意してあり、任意で利用できます。

私の場合は職場から片道1.5時間ほどの距離なので無理をすれば通える距離なのですが、普段20分程度の通勤時間に慣れきってしまっていて、往復3時間はかなり無理のある移動時間に感じたため宿泊することにしたのです。

また普段は顔を合わせることのない他の宿泊者と交流ができるのも密かに楽しみにしていました。

 

が、絶望感を抱いたまま、他の(きっとやる気に満ち溢れているであろう)参加者と交友するのはためらわれたし、そもそも自分自身の感覚が果たして正常なのかもわからず、とりあえずネットからヒントを得るために部屋に引きこもることにしました。

 

何から調べればいいのか。

しばらく考えてから「大企業 居場所がない」とググったところ、上位検索結果の一つに「まだ東京で消耗してるの?」という、なんとも気になる名前のブログが出てきたので、読み始めました。

www.ikedahayato.com

 

どれもが多かれ少なかれ心当たりがあって共感できることばかりで、「やっぱり同じように感じている人はいるんだなぁ」と読み進めました。

あまりに面白いのでこのブロガーの他の記事も読んでみたところ、ブログで月300万も収入があることにビックリ。ブログがそれほどの収入源になるなんて!

どんどんネットサーフィンを進めていくと、このイケダハヤト氏は相当有名なブロガーであることが分かってきました。つまりかなり特殊な方なんです。私がこの方のレベルまでイケるとはとても考えられない。

 

それでも、月に300万まではいかなくても、ブログをやれば月10万前後の副収入まではワリと行けるようだ、というのも分かってきました。

それならば、早朝出勤やら持ち帰り残業なんかでヒィヒィ言いながら身も心も時間も削るような今の仕事でなくても、少し緩めの職場に転職して、落ちた収入は副収入で補いつつ自分の時間を確保するというライフスタイルでも良いのではないか?という考えが頭をもたげてきました。

 

そんなことを考えていると、気づけば日が変わっていたので、少し興奮し気味に硬いベッドに入りましたが、頭に合わない枕のせいもあってなかなか寝付けませんでした。

 

そして二日目の研修はOBによるもので、「自分の価値を活性化させよ」というテーマのもと、所々でチーム討論を交えながらの講義だったのですが、これも私には運営の思惑とは別の方向に作用しました。この話は次の記事で書きたいと思います。